PEOPLE

『PEOPLE』では会員さまの声のご紹介やイベントレポート、スタッフブログを更新していきます!

2016.09.21 (Wed.) 会員さまの声

続けられたのは、つながりのおかげ。

勉強カフェアルバイトの岡本です。
会員さまの生の声をお届けするシリーズ、今週は国分寺スタジオの伊藤さんと小林さん!

初めてのおふたり同時インタビュー!
つながりがうまれた瞬間、それを感じることが出来ることを2つの視点から伺いました(^^)

続けられたのは、つながりのおかげ。

勉強カフェににたどり着いたことが共通点。

「今まではどこで勉強されてました?」
「カフェやファミレスですかね」「あ!僕もです!」

国分寺スタジオで開催されたスターターズカフェという入会したての会員さまが集まるお茶会に参加したお二人。
これが初めての会話。

働きながら大学受験勉強をされてる小林さんとTOEIC800点を目指す伊藤さん、勉強内容が全く違ったけれど
「共通点のおかげで話をするようになりました。こうした仲間が出来たことで来なきゃという気持ちにもなりますし、なにより来やすいですね。」
と小林さん。

「図書館だとペンの音を気にしたり、カフェのようなオープンなスペースだと騒がし過ぎたり。最近では勉強NGにしている所も増えてきてしまっていて。」
「そうなんですよね、席取りに苦労もするし周りに気を遣うことに集中しちゃって、結局勉強できなくて。」
”今まで勉強場所に困っていた”という共通点から、イベント後もよくお話されるようになったそう。
これが勉強カフェに来た皆さんのほとんどが抱えている悩みだったりするんです。
では、ここにきてその悩みは解決したのでしょうか?

伊藤さん「まずモチベーションが維持されますね。それはせざるを得ない環境に身を置いたこと、
周りに頑張ってる人がいることで自分の頑張りを客観視することができる。気持ちをONの状態にキープできるようになりました。」

小林さん「出来ることをやり、出来ないことはやらない。
そんな勉強を繰り返してましたが、自分の意志で計画的に勉強できています。環境が整った場所に同じように頑張る人たちがいる。
それがやはり継続するために何より必要なことでした。」
 
一見すると共通点がなさそうでも、ちょっとしたことがつながるきっかけになるものです。

伊藤さん「まず、勉強カフェにたどり着いたこと。それがまずなによりの共通点ですよ(笑)」
小林さん「これだけで仲間だなって思います。やってることは違っても一緒に勉強していきたいですね。」
 
大人になれば視界はひろがり視点もさまざまになります。
ばらばらにみえて、でもつながりはちょっとしたきっかけから。
努力し続けられるのは、ひとりではないことも大切なんです。

伊藤さん小林さんありがとうございました!