PEOPLE

『PEOPLE』では会員さまの声のご紹介やイベントレポート、スタッフブログを更新していきます!

2017.10.06 (Fri.) スタッフブログ

勉強カフェでのバイト通して

Peopleブログを読んでくださっている皆さん、こんにちは&はじめまして!
勉強カフェ溝の口スタジオの清水です。
夜が涼しい快適な季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は、溝の口スタジオで勤務をして1年半ほどが経ちました。
半年アルバイトをしてその後1年間留学へ行き、帰国後に声をかけて頂いて、またアルバイトをしています。

勉強カフェでのバイト通して

勉強カフェで働き始めたきっかけは、他のスタジオでアルバイトをしていた友人が、とても楽しそうに働いているのを見たことでした。“アルバイトって稼ぐための手段じゃない!”とその友人から、溝の口スタジオでの勤務から日々実感しています。
今では、目標に向かって頑張る会員さまとお話をすることで、常に「私も負けていられない!」という気持ちになります。

趣味は、海外1人旅です。今年の夏は、アメリカへ行ってきました。
今後の目標は中南米横断をすることが出来ればと思っています。
8月は溝の口スタジオで、メキシコイベントを開催しました!
メキシコ留学中の経験などを交えながら、メキシコについて熱く語り倒しました(笑)

勉強カフェでのバイト通して

自分の気持ちを伝える

私は勉強カフェでのバイト通して、勉強カフェは
【言葉に出して自分の気持ちを表現する。そこから生まれる+α】を体現できる素敵な場所だと思っています。

これは、メキシコ留学時代にも感じた事なのですが、メキシコ人とは違うバックグラウンドを持った私が、何も言わずとも彼らと意思疎通が取れるわけもなく、しっかり意思表示をしなくてはなりませんでした。

「人と違った意見=間違い」のような、よく訳の分からない、感覚を持っていた私にとっては、自分の意見を言う事が恥ずかしく、しかし同時に、意見を言えない自分にもどかしさも感じていました。

勉強カフェの勤務は1人や2人体制で行うことが多いですが、スタジオはスタッフ全員で作り上げていくものです。その中で、「誰かがこれくらいはやってくれるだろう」「ま、これは言わなくてもいいか」という事は、あまり通じないと日々感じています。

自分でやり切れなかった業務を、他のスタッフさんに頼んだりする事も多いです。スタジオを作っていく中で、共に働く仲間や会員さまとの会話を通して、自分が何を考えているのかを、しっかり相手に伝えなくてはならないと感じています。

同じスタジオのスタッフでも、それぞれ勉強していることや、経験してきたことが違うのだから、当然意見が同じになる事はないです。
その中で、自分が何を考え、そして相手が何を言おうとしているのが、言葉に出してお互いに理解し合っていくことは、大切だと思っています。
また、自分の頭の中を整理するという意味で、言葉に出して伝えることは大切なことだと思っています。
会員さま同士の会話でも、異分野の仕事や同じ資格を目指している方同士が、コミュニケーションを取っている光景を見ると、楽しそうに話しをしていて、“これが勉強カフェだ”と感じます。
そこから、新たな情報や知識を得たり、新たな繋がりを持つことができると信じています。

何も言わなければ、何も始まらないですが、思っている事を、声に出せばそこから、意見交換や、何かスタジオをより良くする行動を移すきっかけになります。

勉強カフェは、ただ資格試験の勉強をするだけの場所ではありません。
勉強カフェという場を通して、自分の勉強を通して、『人』と繋がる場所だと私は思っています。
スタッフや会員さまとの会話を通して新たな発見や、思わぬ分野に興味を持つ“きっかけ” が生まれると、働いている中で実感しています。

今まで知らなかった世界への第一歩を勉強カフェで踏み出してみませんか?
溝の口スタジオでお待ちしています!