PEOPLE

『PEOPLE』では会員さまの声のご紹介やイベントレポート、スタッフブログを更新していきます!

2016.09.28 (Wed.) 会員さまの声

味気ない毎日を変える、そのヒントとは?

こんにちは、アルバイトの岡本です。

会員さまの生の声をお届けするコーナー!
今回は横浜関内スタジオの塩川剛史さんです!

やりたいと思っていたこと、でも諦めてしまったこと。ありませんか?
人生が変わった」という塩川さんのお話、ぜひご覧ください(^^)

味気ない毎日を変える、そのヒントとは?

「自分がいまやりたいことってなんだろう?」

「2012年、仕事もプライベートも本当にやる気のない自堕落な生活をしていました。人生において最も『腐った』時期でしたね。でも、ふと昼寝から目が覚めた時に『このままじゃダメ!』って思ったんです。そんな時、たまたま関内スタジオがopenすると知り、入会を決めました。」
 
まず変わる第一歩を踏み出した塩川さん。では「人生が変わった」そのきっかけは?

「簿記にBATIC、着実に結果を残しながらもやはり行き詰ることもあって。それを関内スタジオのスタッフさんに色々と相談しました。「自分がいまやりたいことってなんだろう?」そう考えたんです。学生時代に広報誌をつくっていた経験、ブログやSNSでの情報発信。この積み重ねをもっと活かしてどんどん大きくしていこう! と思いました。」

そして、たどり着いたのは、短編小説の執筆だったそう。
 
「外部の自己出版のコミュニティに参加して、ノンフィクションのスポーツエッセイをかいたりしてましたが他の作家さんの作品を読んでいるうちに『フィクションの小説を書いてみたいな~』って。
でも切羽詰まった状況じゃないと挫折してしまいそう
そこで勉強カフェという場を活かされましたね。
3ヶ月プログラムという目標達成サポートツールに参加し集中して執筆できましたし、執筆前の構想で無かった「応援」という要素、それは勉強カフェが持っている場の力によってどんどん膨らんでいったんです。」

こうしてついに塩川さんは短編小説集『本日、応援日和』を出版!(作品一覧はこちら!)

「イベントなどで多くの人と触れ合って、人と接することが怖くなくなりました。
そして入会当時の関内マネージャーの姿勢や発言をみて聞いて『熱いハートを持ち続けていいんだ』ということを改めて教えられました。
社会人になって忘れてしまったことを思い出させてくれたというか…。
勉強カフェとの出会いによって、貴重な出逢いを積み重ねてます。人生が変わりました。これは間違いないです。」
 

勉強でも趣味でも仕事でも、「それなり」で括ってしまうのは、
とても勿体ない!

努力・気持ち・出会い、それらの積み重ねが変わるためのヒントなんだなと感じました。
塩川さんの熱い言葉が、また誰かのきっかけになったのではないでしょうか(^_^)

塩川さん、ありがとうございました!